求人媒体を問わず情報収集をすることが大切